KOMERI

社名・ロゴマークについて

ホーム > コメリについて > 社名・ロゴマークについて

時を告げる鶏のシンボルマーク

コメリロゴマーク

コメリのロゴマークは、自然の流れの中で、常に企業の存在を検証し、
未来に向かって挑戦する企業姿勢を象徴しています。
外周の円は大地から昇らんとする太陽を表し、円の中の鶏は時を告げる「小国鶏(しょうこく)」で、流通を革新して豊かな消費生活を目指す企業姿勢とコメリの歴史をシンボライズしたものです。
勇美、強健を感じさせる鶏は暮らしの中に溶け込んでいます。
堅実で謙虚な企業の姿、時を告げる正確さ、未来を予知する能力、といった意味を含んだデザインになっています。


社名の由来

コメリロゴマーク

1952(昭和27)年、創業者である捧寅七が米穀商を創業した際に、その商号を米屋の「米」と捧家の屋号であった「利右衛門」の「利」を取り、「米利商店」としました。 その後、株式会社化して「株式会社米利商店」、「株式会社米利」を経て、1985(昭和60)年より「株式会社コメリ」として現在に至っております。


ページの先頭へ戻る