KOMERI

商品を通じた環境活動

ホーム > 社会・環境活動 >環境の取り組み >商品を通じた環境活動

国産木材の積極利用で木材自給率の向上に

 コメリは園芸・農業用品を核商品にしたホームセンターを展開しています。 こうした商品の流通を近代化し安くて良い商品を提供することは、園芸・農業の活性化につながり、ひいては豊かな自然を育みます。
 このような観点から2012年度は、国産杉材を100%利用したコメリオリジナル「K+BUILD 秋田杉構造用合板」を開発し、販売を開始しました。
 コメリの合板各種の年間の販売数量はおよそ300 万枚ですが、そのうちこの国産材合板は15%程の販売枚数を見込んでおり、今後は30%を目標に拡大していく予定です。
 国産の木材を木造住宅へ積極的に利用していくことは、地域産業の活性化のみならず森林整備の結果として土砂災害防止などの公益的機能の向上や、 ひいては炭素の固定期間が非常に長くなることから二酸化炭素の排出量削減にもつながるといわれています。
 コメリは国産木材の利用を積極的に行うことでお客様への供給責任を果たすとともに、国内林業の活性化や木材自給率の向上、温暖化対策の一助となれるように取り組んでいきます。

LED照明の導入

LED照明の導入



ページの先頭へ戻る