次回の展覧会

第12回新潟県伝統工芸展<公募>

■会期

2017年11月18日(土)~12月24日(日)

■休館日

月曜日、ただし祝日の場合は開館し翌火曜日が休館

■主催

公益財団法人 雪梁舎美術館 日本工芸会東日本支部新潟研究会

■協賛

株式会社 コメリ

■後援

新潟県、新潟日報社、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0

第12回新潟県伝統工芸展

趣旨

新潟の優れた伝統工芸の保存と発展を期して、現代の感性に則する創造性豊かな作品を作ることを目的とする。

■応募締切

平成29年11月9日(木)※消印有効

■出品規定

A)新潟県在住の方。
B)募集部門は、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門。
C)作品の形状は不問。 ※但し、本展の趣旨を理解のこと
D)未発表作品。
E)出品点数は一人2点以内。(セットものは1点とみなします)

■出品料

1点 3,000円
2点 6,000円  ※出品料は如何なる理由であっても返却しません
■出品票はこちら

■審査員

佐々木正直(群馬県立館林美術館 館長)/横山秀樹(新潟市新津美術館 館長)/伊藤赤水(工芸作家 陶芸/人間国宝)/桑山弥宏(工芸作家 木竹工)/本間康人(工芸作家 陶芸)/捧 実穂 (公益財団法人雪梁舎美術館 理事長/学芸員)

■賞

【雪梁舎賞】 10万円 1点  【正会員優賞】 10万円 1点  【奨励賞】 5万円 数点
※正会員優賞は日本工芸会正会員を対象とします。

■審査発表

審査の結果は、11月15日(水)に書面の発送をもって行います。  ※電話等での問合せや、審査に対する異議申し立てには一切応じません。

■授賞式

平成29年11月18日(土) 午前11時より 雪梁舎美術館にて

■応募方法

輸送・持込搬入にかかわらず、事前の出品申込が必要です。郵便局払込用紙(青色)を用い、出品料を払いこんでください。
郵便局口座:口座番号 00550-1-68435 公益財団法人 雪梁舎美術館

所定の出品票、審査通知書、作品預書に必要書類を楷書で記入し、「工芸展公募事務局」まで郵送、または持参してください。出品票は切離し、作品に必ず貼付してください。

■作品搬入

搬入場所はいずれも、〒950-1101 新潟市西区山田451 雪梁舎美術館「工芸展公募事務局」TEL025-377-1888
A)輸送搬入の場合 平成29年11月11日(土)※宅配日指定のこと、午後5時までに必着
B)直接搬入の場合 平成29年11月14日(火)午後1時~4時

■作品搬出

搬入と同じ場所で、作品預書と引換えに行います。
A)選外作品 平成29年11月21日(火)~11月24日(金)午前10時~午後4時
B)入選作品 平成29年12月24日(日)午後5時~6時
             12月25日(月)午前10時~午後4時
※このうち、輸送搬出を希望する場合と期間内に直接搬出のない場合は、出品者宛に返送します(費用一切は出品者負担)

■注意事項

応募
・出品票には作品に対する保険の都合上、可売、非売にかかわりなく、手取の価格を必ず記入してください。記入のない場合は、破損などにおいても保険金の支払いができない事があります。
搬入
・輸送搬入における保険等は自己負担としますので、作品に保険をかけて輸送搬入してください。
搬出
・輸送搬出の場合、費用は保険料・梱包費を含め自己負担にて美術品輸送で発送します。万一、破損等があった場合は受取日の翌日までに、「工芸展公募事務局」まで必ず、連絡してください。
・直接搬出の場合は、搬出場所で作品を確認してください。持ち帰り後の申告は認められませんのでご注意ください。
その他
・作品は十分の保護をしますが、不慮の災害の場合はこの限りではありません。
・応募者は、作品提供と同時に展覧会の報道記録の写真の複製、及び掲載を承諾したものとします。
・衣桁、撞木の貸し出しについて
 染織部門の出品者で衣桁、撞木の貸し入れを希望する方は出品料に下記の金額を添え、その旨を振込用紙の通信欄にお書き添えください。
 衣桁1台 2,000円 撞木1台 500円
 なお、審査で入選しなかった場合も含め、返金は一切できかねますのでご了承ください。
 衣桁、撞木は、審査、展示の場合に必要ですので、貸し入れをなさらない方は各自で必ずご用意ください。

■お問い合わせ

応募要項は下記事務局までお問い合わせ下さい。

〒950-1101
新潟県新潟市西区山田451
雪梁舎美術館「工芸展公募事務局」係

TEL:025-377-1888 / FAX:025-377-1881