現在の展覧会

雪梁舎美術館設立25周年記念
棟方志功 大作展

雪梁舎美術館設立25周年記念 棟方志功 大作展

■主催

公益財団法人 雪梁舎美術館

■協賛

株式会社 コメリ

■後援

新潟県、新潟市、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0

■会期

平成30年3月31日(土)~5月13日(日)

■入館料

一般500円、団体(10名以上)400円、中学生以下無料

■休館日

月曜日、ただし4月30日は開館

趣旨

 本年は雪梁舎美術館・財団設立25周年となる記念の年です。
この節目の年の最初の展覧会は、収蔵品のなかでも優れたコレクションを誇ります棟方志功を取り上げて展覧会を開催いたします。
青森県に生まれ、近代美術において日本の版画という分野を世界にまで知らしめた巨匠のひとりです。
 “世界のムナカタ”と呼ばれるほどの偉大な版画家となる棟方志功は、木版画という造形に自分が求めていた芸術の進むべき道を見出し、自分だけが表現できる世界を挑戦し続けました。
なかでも大画面での表現は、それまでの「版画」の一枚ずつ額装して発表するという常識を破り、絵巻物のような連作や組み物のような大作を次々と作り出しました。
 代表作であります《二菩薩釈迦十大弟子》や《群生の柵》をはじめとする版画から倭画、書作品を展示いたします。
棟方志功の情熱あふれる大作の迫力を、お楽しみください。