現在の展覧会

雪梁舎設立二十五周年記念 人間国宝 五代 伊藤赤水展

■会期

2018年10月14日(日)~11月18日(日)

■会期中限定のイベント

伊藤赤水先生による作品解説会
2018年10月27日(土)、11月3日(祝)いずれも午後2時~3時

伊藤赤水先生お茶盌による呈茶
展覧会期間中の毎週日曜日、喫茶 田母木にて
お抹茶(和菓子付) 500円
*入館券と同時購入の場合は、900円(入館料+お抹茶代)

■休館日

月曜日

■主催

公益財団法人 雪梁舎美術館

■協賛

株式会社 コメリ

■後援

新潟県、新潟市、佐渡市教育委員会、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK 新潟放送局、BSN 新潟放送、NST、TeNY テレビ新潟、UX 新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0

雪梁舎設立二十五周年記念 人間国宝 五代 伊藤赤水展
 

趣旨

 雪梁舎設立25周年を記念して、佐渡の無名異焼 人間国宝の伊藤赤水氏の展覧会を開催いたします。
 伊藤氏(1941-)は、佐渡旧相川町に四代 伊藤赤水の長男として生まれました。家業の「赤水窯」を継ぎ、以来40年以上にわたり伝統技法「無名異焼」と向き合ってきました。日本伝統工芸展、日本陶芸展に出品、入賞を重ね、窯変や練上などの独自の無名異焼で2003年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。
 「人間国宝」は、文化財保護法のもと国によって保護される高度な技術保持者です。伊藤氏の卓抜な技術と制作に対するたゆまぬ努力とが兼ね合い、すばらしい作品を作りだし続けています。本展では、「窯変」作品や「練上」作品に加えて、新たな意欲作品である「佐渡ヶ島」の技法で制作した新作を中心に展示いたします。研ぎ澄まされた技から生みだされた、魅力あふれる作品をご紹介します。