フィレンツェ賞展

趣旨

 ルネッサンス文化発祥の地、フィレンツェは、世界的な芸術の都です。
このたび、日本国内において活躍しておられる、若い精鋭作家の発掘を目的として、「フィレンツェ賞展」を開催いたします。
フィレンツェ滞在を通して、創作活動を支援し、21世紀の芸術文化の振興と、芸術の育成を図ることを目指して作品を応募いたします。
「フィレンツェ賞展」は、雪梁舎美術館の設立者であり、株式会社コメリの創業者でもある捧賢一(雪梁舎美術館名誉理事長)が発案し、1999年から開始したものです。

■展覧会

【新潟展】 雪梁舎美術館 2017年8月6日(日)~9月24日(日)
【東京展】 東京都美術館 2017年10月24日(火)~30日(月)

※両会場とも全入賞・入選作品を展示します。

■主催

公益財団法人 雪梁舎美術館

■協賛

株式会社 コメリ

■協力

フィレンツェ美術アカデミア

■後援

在日イタリア大使館、イタリア文化会館、新潟県、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局、日本経済新聞社新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟、FM PORT79.0

第19回雪梁舎フィレンツェ賞展の概要はこちら

応募資格

■応募資格

50歳以下(1966年1月1日以降生まれ)の具象系。日本国内在住。※経歴、所属は問いません。

■作品資格

絵画(公募展等に未発表作品)。
S100号サイズ(162.1cm×162.1cm)以内。
壁面に展示可能なもの。
作品保護のため、額(ガラスは不可、水彩・版画についてはアクリルに限り可)または仮額(画面より高さのあるもの)を必ず付けて下さい。
ただし、制作意図を妨げる場合は、展覧会の際に取り外すことができます。

■フィレンツェ大賞(1点)

3ヶ月間のフィレンツェ市での制作活動を支援。
フィレンツェ美術アカデミアでの特別聴講。 (渡航費・滞在費・交通費支給)
※作品は帰属

■フィレンツェ美術アカデミア賞(1点)

1ヶ月間のフィレンツェ市での制作活動を支援。
フィレンツェ美術アカデミアでの特別聴講。 (渡航費・滞在費・交通費支給)
※作品は帰属

■コメリ賞(1点)賞金30万円

ホームセンター事業参入40周年記念。
作品は(株)コメリに帰属され、永年的に管理・展示。
※作品は帰属

■優秀賞(3点)賞金30万円

 

■佳作(10点程度)

 

■入選

 

■オーディエンス賞(1点)

新潟展・東京展会期中に来場者による投票を実施、最高得票の作品に盾を贈呈。(美術館ホームページ上で発表)
※賞の内容、点数及び賞金額は変更となる場合があります。

入選作品リスト

■フィレンツェ大賞

陳 芃宇 旅立ち

 

■フィレンツェ美術アカデミア賞

桂 典子 からだになる

 

■コメリ賞

伊庭 広人 展望 254

 

■優秀賞

野出 員子 現代風景Ⅰ
板倉 万里 首途
畑林 和貴 SAD GIRL Ⅰ

 

■佳作

守屋 麻美 ママのおなかの中Ⅰ
行 晃司 起源の果実
松浪 吉樹 城から始まるストーリー
鈴木 誠郷 気高き獲物
井戸 璃理子 He is Time
冨田 泰世 あふれでる ねこたまご 一
庭田 薫 白い約束
沼田 愛実 present

 

■入選

Song Yeon Joo
(ソンヨンジュ)
Memory of the sense of sea
鶴巻 謙郎 白の世界~ガゼボの間から
山本 智之 遠い日、いつかのあなた
新島 知夏 communication
橋岡 優子 光彩
小泉 広明 穏やかな空を見てたいだけなんだ
寺久保 潤 キャベツ-受入国の社会は共通を失って崩壊の危機に瀕する
溝口 絢斗 珪化と経過
池谷 さち子 A life vol.Ⅲ
玉木 泰行 UNTITLED 17-7
玉木 志穂 Something new
蓮沼 祐記 呼声
笠原 浩美 Genesis
薗田 雅俊 impulse
中野 修一 夢で逢えたら
藤森 哲 tableau 2017-04
井藤 未世子 存在Ⅱ
德田 景 entity
鶴巻 貴子 Utopie ; Lotus
川上 由真 片隅
今吉 遥香 温かい海
池上 真紀 宿る
遠山 彩夏 KIKURAGE
安藤 はるか After the rain
堀川 愛依 寂寞
原澤 亨輔 grey line
宗田 晃 sense
中尾 真奈 枯朽のフラグメント

(順不同)

お問い合わせ

雪梁舎美術館「フィレンツェ賞展」事務局
〒950-1101
新潟県新潟市西区山田451
TEL:025-377-1888 / FAX:025-377-1881