雪梁舎美術館

企画展・イベント紹介前のページへ戻る

第14回 雪梁舎フィレンツェ賞展

趣旨

 ルネッサンス文化発祥の地、イタリア・フィレンツェは、世界的な芸術の都です。
 このたび、日本国内において活躍しておられる、若い精鋭作家の発掘を目的として「第14回フィレンツェ賞展」を開催いたします。大賞受賞者には、芸術の都フィレンツェ滞在を通して創作活動を支援し、これからの芸術文化の振興と芸術家の育成を図ることを目指して作品を募集しております。また、第5回展より元フィレンツェ美術アカデミア教授ビンチェンツォ・ビアンキ氏によるビアンキ賞が設けられ、同賞受賞者にもフィレンツェ滞在・創作活動を支援いたします。
 50歳以下、具象系という制限のなか、全国の38都道府県より212点の応募があり、厳正なる審査のうえ、4点の入賞作品をふくむ41点の入選作品が選考されました。
 入賞・入選されました各作家の一層のご活躍を期待しますとともに、ご出品いただきました方々のさらなるご精進を、心から祈念いたします。

 

応募規格

応募資格

50歳以下(1961年1月1日以降生まれ)の具象系。経歴、所属は問いません。

作品資格

・S100号サイズ(162.1cm×162.1cm)までの絵画。(未発表作品)。一人1点

 

フィレンツェ大賞

1点 100日間のフィレンツェ市での制作活動を支援。(渡航費・滞在費・交通費支給)

フィレンツェ賞優秀賞

2点 70万円

ビアンキ賞

1点 30日間のフィレンツェ市での制作活動を支援。(渡航費・滞在費・交通費支給)
※大賞・優秀賞・ビアンキ賞受賞作品は、帰属となります。

 

展覧会

【新潟展】 雪梁舎美術館 2012年8月5日(日)〜9月9日(日)    【東京展】 東京都美術館 2012年10月12日(金)〜19日(金)

 

受賞作品

フィレンツェ大賞
「想う」
吉田 正俊  新潟県

作家コメント

 私はいつも主となるモチーフだけを決め、細かい構図は決めずに漠然としたイメージだけで制作をスタートさせます。描いていく途中でいろいろなものを画面の中に描き足していったり(あるいは消したり)背景のマチエールをつけたりするので、制作効率があまりいいとはいえませんが、そうした試行錯誤の過程が作品の中に意図的でない何らかのおもしろさを生み出してくれるのではないかと考えています。
 新潟県在住の私にとってこの展覧会は目標であり、第1回展から欠かさず見に来ていました。皆様のご期待に応えることができるよう精進したいと考えています。ありがとうございました。

作者略暦

吉田 正俊 (1966年8月5日生)
1992年 新潟大学大学院 修了
1993年 第2回人間賛歌大賞展 奨励賞(北里研究所/北本市、1996年第3回展優秀賞、2002年第4回展佳作賞)
1997年 ギャラリー千石公募展 大賞(千石ギャラリー/新潟市)
2002年 環境と都市の美術展 優秀賞(新潟市芸術文化会館)
2005年 第40回昭和会展(日動画廊/銀座、同2006年、07年)
2007年 第8回フィレンツェ賞展 入選
2008年 個展(羊画廊/新潟市)
2011年 個展(新潟絵屋/新潟市)
第13回フィレンツェ賞展 佳作
第23回しんわ美術展 金賞(アルネ津山/津山市)
2012年 第40回絵の現在選抜展 銀賞(一枚の絵ギャラリー/銀座)

 

優秀賞
「ゲニウス・ロキ」
末次 広幸  佐賀県

作家コメント

 絵を再び描くようになって以降、自然物の有機的な形と人物を組み合わせて描いてきました。木の実や種、貝殻、海岸の岩などふと気付いたら見入ってしまっていたというような自然の造形に始まり、最近は生まれ、成長し、老い、死に、風化し、複雑な表面を持つに至った骨に惹かれています。恐らくは誰もが持つアニミズム的な自然物崇拝の感覚が引き出されてしまうようなモチーフに惹かれているのだと思います。題名の『ゲニウス・ロキ』とはその土地が持つ守護霊、建築用語では土地特有の雰囲気というような意味です。普段はモノに対してモノ以上の感覚を持つことを制限されているような現代の生活において、見ること/描くことによって少しでも身の回りが異化できれば良いと思っています。

作者略暦

末次 広幸(1970年4月1日生)
1992年 筑波大学芸術専門学群美術専攻洋画コース 卒業
2007年 第61回二紀展 入選(以後毎年出品)
2009年 第92回佐賀美術協会展 佐賀県知事賞
九州二紀展 九州画材賞
2010年 第93回佐賀美術協会展 佐賀県立美術館長賞
九州二紀展 奨励賞
2011年 九州二紀展 九州二紀賞
第65回二紀展 奨励賞
2012年 第94回佐賀美術協会展 会友優秀賞

 

優秀賞
「刻を積む」
吉井 寿美子 東京都

作家コメント

 「硬質」なものが好きで描いてきました。
 お気に入りの遺跡や古い街並を眺めるたび、そこに関わった何万何億もの人々の強烈なエネルギーに圧倒されます。
 世界遺産と化した生命の積み重ねを見て、いったいどれくらいの未来まで崩れないでいるのかと不謹慎な考えがちらりと浮かぶ一方で、これからも永遠に存在してほしいと祈り続けます。
 そして残された自分の時間をどう積むかに向き合う今、見る方にその積みざまを読み解いていただけるような絵を描きたいと切に願うのです。
 気持ちは20代の頃と少しも変わらないまま、いつの間にか最年長という年齢になっていた私に、天の恵みのような素晴らしい賞を与えてくださいましたことに心より深く感謝申し上げます。

作者略暦

吉井 寿美子(1961年6月16日生)
1987年 武蔵野美術大学大学院油絵学科 修了
修了制作 優秀賞
2003年 第54回群馬県展 県知事賞
2004年 第55回群馬県展 55回記念賞
第63回創元展 創元会次賞
2007年 第62回行動展 会友推挙
第38回新人選抜展(紀伊國屋画廊/新宿)
2010年 第65回行動展 会友賞、会員推挙
2011年 八王子市民公募夢美エンナーレ 奨励賞
第13回フィレンツェ賞展 入選
ほか個展9回、グループ展多数

 

ビアンキ賞
「その場所」
藤森 哲 茨城県

作家コメント

 脳内には、現実空間では存在し得ない事象が、説得力を伴ってイメージとしてあらわれる。そこには感情が介在し、イメージは不安定な状態を保っている。
 そんなものを、なんとか画面に定着させ、再現したいと考えている。
 地があり、そこに家具が置かれる。それは門のようなイメージを孕み、自然の浸食を受け形態を歪めていく。
 無関係にも見えるものに関係性を与え、それを絵の具に変換し、画面に定着させていく。そうしていくうちに、新たなイメージを獲得し、またそれを絵の具に変換してみる。
 作品が完成した時、今度は作品を見てくれた人の中にイメージが生まれたらうれしい。

作者略暦

藤森 哲(1986年3月22日生)
2009年 筑波大学芸術専門学群美術専攻洋画コース 卒業
「氾濫と抑制」展(筑波大学ギャラリーT+)
2010年 第46回神奈川県美術展 入選
2011年 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻修了制作展(茨城県立つくば美術館) 優秀作品賞
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻 修了
芸大・茨大・筑波大卒業修了制作選抜展(東海ステーションギャラリー/茨城)

 

その他受賞・入選作品

佳作

青木 惠 AOKI Megumi 天上に咲くと云う花 東京都
納 義純 OSAME Yoshizumi 刻U 神奈川県
金 英淑 KIMU Yonsuku 初弦―風に聴いてみる― 大阪府
小林 努 KOBAYASHI Tsutomu 救いの光は満ちて 長野県
佐藤 俊貴 SATO Toshiki Slice-composition 岡山県
増本 寛子 MASUMOTO Hiroko 愛知県
湊 良太 MINATO Ryota 創作の星 石川県
湯澤 美麻 YUZAWA Mima そこに在るもの 茨城県
吉田 卓哉 YOSHIDA Takuya 刻の形象―予兆― 山形県

入選

青木 成実 AOKI Narumi 光〜ミライヘ2〜 徳島県
飯村 優介 IIMURA Yusuke スイジンノトウT 神奈川県
井上 慎介 INOUE Shinsuke ひとりね 岐阜県
伊庭 広人 IBA Hirohito 展望 208 光の道しるべ2012 滋賀県
上野 明美 UENO Akemi 空と地の間に 埼玉県
押元 一敏 OSHIMOTO Kazutoshi WOODLAND 千葉県
川ア 恵美 KAWASAKI Emi 静物 福岡県
小泉 広明 KOIZUMI Hiroaki 空に語る 滋賀県
笹川 香織 SASAGAWA Kaori 迷い道の途中で 東京都
佐藤 みちる SATO Michiru 揺光 東京都
三箇 大介 SANGA Daisuke 聖域の午前 兵庫県
田中 孝林 TANAKA Takaki 記憶のスケッチ 福岡県
玉木 泰行 TAMAKI Yasuyuki dream 兵庫県
戸田 早紀 TODA Saki Gold Tank 神奈川県
中尾 真奈 NAKAO Mana 忘却の足跡 大阪府
永田 恭子 NAGATA Kyoko 回想 愛知県
永吉 秀司 NANAYOSHI Hideshi ミチシルベ 新潟県
注ェ田 知篤 HANEDA Tomoatsu 晩秋 兵庫県
原田 和香 HARADA Waka Canzone 東京都
藤井 泰世 FUJII Yasuyo おしまいのはじまり
(ねこたまごより)
神奈川県
星野 有紀 HOSHINO Yuki StEp by sTeP 茨城県
美濃 寿則 MINO Toshinori 神奈川県
柳澤 裕貴 YANAGISAWA Yuki ゆらめきの中で―ひとりだち― 群馬県
山下 康一 YAMASHITA Koichi 戸隠厳冬 長野県
山田 太一 YAMADA Taichi 傷む人・包む人 福島県
山中 理恵 YAMANAKA Rie 唄がきこえる 大阪府
山本 智之 YAMAMOTO Tomoyuki 近くて遠い夢のあと 埼玉県
若菜 由三香 WAKANA Yumika 休息 千葉県

 

応募総数

応募数:212点(38都道府県)
入選:41点(フィレンツェ大賞:1点、 優秀賞:2点、 ビアンキ賞:1点、佳作賞:9点、入選:28点)

 

お問合せ

お問合せは公募展事務局までお願いいたします。
〒950-1101 新潟県新潟市西区山田451 雪梁舎美術館「公募展事務局」係
TEL 025-377-1888 / FAX 025-377-1881

↑このページのトップへ