雪梁舎美術館

企画展・イベント紹介前のページへ戻る

第15回 雪梁舎フィレンツェ賞展

趣旨

 ルネッサンス文化発祥の地、イタリア・フィレンツェは、世界的な芸術の都です。
 このたび、日本国内において活躍しておられる、若い精鋭作家の発掘を目的として「第15回フィレンツェ賞展」を開催いたします。大賞受賞者には、芸術の都フィレンツェ滞在を通して創作活動を支援し、これからの芸術文化の振興と芸術家の育成を図ることを目指して作品を募集しております。また、第5回展より元フィレンツェ美術アカデミア教授ビンチェンツォ・ビアンキ氏によるビアンキ賞が設けられ、同賞受賞者にもフィレンツェ滞在・創作活動を支援いたします。
 50歳以下、具象系という制限のなか、全国の32都道府県より125点の応募があり、厳正なる審査のうえ、4点の入賞作品をふくむ41点の入選作品が選考されました。
 入賞・入選されました各作家の一層のご活躍を期待しますとともに、ご出品いただきました方々のさらなるご精進を、心から祈念いたします。

 

応募規格

応募資格

50歳以下(1962年1月1日以降生まれ)の具象系。経歴、所属は問いません。

作品資格

S100号(162.1cm×162.1cm)までの絵画(未発表作品)。1人1点。

 

フィレンツェ大賞

1点 3ヶ月間のフィレンツェ市での制作活動を支援。 (渡航費・滞在費・交通費支給)

フィレンツェ賞優秀賞

2点 70万円

ビアンキ賞

1点 1ヶ月間のフィレンツェ市での制作活動を支援。 (渡航費・滞在費・交通費支給)
※大賞・優秀賞・ビアンキ賞受賞作品は、帰属となります。

 

展覧会

【新潟展】 雪梁舎美術館 2013年8月4日(日)〜9月8日(日)    【東京展】 東京都美術館 2013年10月12日(土)〜19日(土)

 

受賞作品

フィレンツェ大賞
「ささやく」
澤村 はるな  兵庫県

作家コメント

 私はこの5年間、主に女性を絵のモチーフとして描いてきました。 女性たちのふとしたしぐさの中に、美しいものを感じながら、その穏やかな空気感を表現したいと思って描いています。 今回はこの空気感を出すためにあえて空間の部分の麻紙には絵の具をほとんど塗らず、麻紙独特の温かい白を活かしました。 パネルは絵の雰囲気がより広がりを持つよう、二つに割って少し間隔を取った展示を試みています。 この作品から生まれる何かを感じ取り、心穏やかなひとときを共有していただければ幸いです。

作者略暦

澤村 はるな (1987年4月25日生)
2009年 第47回兵庫県展 兵庫県立美術館賞
2010年 京都市立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(日本画) 入学
第48回兵庫県展 佳作、県民賞
第5回丹波美術大賞展 入選
2011年 グループ展「学生日本画作品展」(ホテルグランヴィア京都/京都市)
東日本大震災災害支援チャリティーオークション サイレントアクア(ギャラリー@KCUA/京都市)以後毎年出品
第57回全関西美術展 入選
第49回兵庫県展 部門大賞
交換留学3ヶ月間(パリ国立高等美術学校)
2012年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(日本画) 修了
2012京展 入選
グループ展(Gallery Ort Project/京都市)
グループ展(Art Space MEISEI/京都市)
グループ展(マサゴ画廊/大阪市)
2013年 個展「心を澄ます」(Gallery Ort Project/京都市)
グループ展(Gallery Ort Project/京都市)

 

優秀賞
「窓」
青木 秀明  大阪府

作家コメント

 17年ぶりに京都から出身地である大阪に移り住んでいる。 育った街は昔と変わらず生活感と人々のエネルギーに満ち溢れてる。 いつも通った道や、窓から見える街の夕暮れ。 昔となにひとつ変わらないのに違って見えるのは、自分が変わったと 言う事だろう。
 そんな様々な記憶をコラージュし、心の窓から覗いてみる。 曖昧な記憶さえも時間の中で変貌し、その姿は夢幻の如く心の中を漂い続ける。

作者略暦

青木 秀明(1975年2月4日生)
1996年 第10回青垣2001年日本画展 優秀賞(1999年も、2003年 毎日新聞社賞)
1999年 第5回松伯美術館花鳥画展 優秀賞
2000年 京都精華大学大学院修士課程 修了
2001年 第36回日春展 奨励賞(2007年 日春賞)
京都日本画家協会新鋭選抜展 京都府知事賞
2002年 第9回川端龍子大賞展 龍子大賞
第13回臥龍桜日本画大賞展 優秀賞(2009年 奨励賞)
2003年 第21回上野の森美術館大賞展 優秀賞、彫刻の森美術館賞(2007年 賞候補)
京都日本画家協会新鋭選抜展 京都新聞社賞
2006年 京都日本画家協会新鋭選抜展 京都日本画家協会賞
第38回日展 特選(2007年 無鑑査)
2007年 2007京展 市長賞
2011年 第43回日展 特選(2012年 無鑑査)
2013年 ベストセレクション美術2013(東京都美術館)

 

優秀賞
「dream」
玉木 泰行 兵庫県

作家コメント

 ここ数年、ある心の中のイメージを描いてきました。イメージといっても明確で具体性のあるものではありません。とてもぼんやりとした、捉えどころのない空気のようなものです。
 ですので、自分自身もそのイメージを表現できているのか、わからないというのが正直なところです。ただ自身の心や感覚が何か茫洋としたものを求めているのではないかと思います。人も木も空も地も、制作のなかで自然発生的に現れてきました。
 できる限り絵画制作においては、自身の心と感覚が必要とする以外の技術や観念を取り込まないように心がけたいと思います。そしてもっと調和した画面を描けるようになりたいと思っています。

作者略暦

玉木 泰行 (1967年生)
1995年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
アーバナード#4 入選
2005年 第23回全国絵画公募展IZUBI 佳作(2006、08年賞候補)
2007年 第25回上野の森美術館大賞展 入選(2010,12,13年も)
2009年 第22回美浜美術展 入選(2010,11年も)
2010年 第9回風の美術展トリエンナーレまくらざき 賞候補
第9回あさご芸術の森大賞展 入選
2011年 第2回青木繁記念大賞西日本美術展 入選
第13回フィレンツェ賞展 入選(2012年も)
2012年 第1回あさごアートコンペティション 優秀賞
第4回ビエンナーレうしく 入選
第7回丹波美術大賞展 入選
2013年 第1回損保ジャパン美術賞展FACE2013 入選

 

ビアンキ賞
「部屋とカトラリー」
野村 紀子 神奈川県

作家コメント

 身近にあるものを描いていたら、いつの間にか金属質のスプーンやフォークに惹き付けられ、気がつけば頻繁に描くようになりました。カトラリーから連想される、食べるという行為について、良くも悪くも強い関心をもっていたためです。
 私にとって、このような連想をさせる金属質のカトラリーを描写することや、そこに反射する光や空間を表現していくことは、自身の確認に繋がります。うつりこんでいるものは、同じ場に存在していなければ見えないものだと思うからです。カトラリーは、私にとっての鏡のようなものです。
 今回このような賞を頂けたのも、ひとえに支え続けてくれた存在のおかげです。ご支援・ご指導を賜りました多くの方々に、この場を借りて心からお礼申し上げます。

作者略暦

野村 紀子 (1991年7月20日生)
2010年 東京学芸大学入学
2011年 第65回女流画家協会展 賞候補
第79回独立展 入選(以後毎年)
2012年 第66回女流画家協会展 賞候補
第5回小江戸川越トリエンナーレ 入選
第25回日本の自然を描く展 課題部門フジテレビ賞
第80回独立展 入選
2013年 ビエンナーレOME 2013 入選
第67回女流画家協会展 入選

 

その他受賞・入選作品

佳作

金 英淑 初弦―次に繋がる瞬間― 大阪府
斉藤 崇倖 勝利のイエズス・神は愛・ぽぽちゃん 群馬県
城野 紗貴 かさなる景色 茨城県
中條 敏宏 広島県
新関 陽香 Wonder, Landscape 愛知県
韓 スナ Quiet time at pond(Luke 4:18 in Bible) 奈良県
平野 知加子 Dark Forest 神奈川県
吉田 卓哉 山海曼荼羅 山形県
脇田 桃子 瞬きのはざま 大阪府
和久井 礼子 松林、住宅地、海 新潟県

入選

安保 真 それぞれの未来をみつめて 北海道
井嶋 玲和 胸中 広島県
伊藤 晴香 tomorrow 愛知県
井上 あや 森の泣き声 熊本県
井上 慎介 カゴノトリツボノウヲ 岐阜県
伊庭 広人 展望 217 希望への始まり2013 滋賀県
織田 みき 秘密の場所 京都府
川名 倫明 Un certo luogo 東京都
肥沼 守 primavera 神奈川県
宍戸 純 VOICE 島根県
菅澤 薫 近くて遠い 埼玉県
橋 悠 貫通 福島県
谷保 玲奈 Ovarios 神奈川県
椿 一朗 喜昭 昇龍松盆栽図 東京都
戸井 李名 私の絵、素敵でしょ? 東京都
コ田 景 予言の鳥 鹿児島県
中尾 真奈 栄枯の片隅 大阪府
永田 恭子 水夢 愛知県
橋本 大輔 あしもと 東京都
樋口 健介 落ちる象 山形県
福田 真子 思考の渦 熊本県
藤井 泰世 聖母子 神奈川県
丸山 一夫 如意輪観音像―秋― 新潟県
村山 成夫 蜘蛛の巣 新潟県
山下 康一 厳と慈 長野県
山本 智之 夢の消息 埼玉県
山本 正興 子供達 大阪府

 

お問合せ

お問合せは公募展事務局までお願いいたします。
〒950-1101 新潟県新潟市西区山田451 雪梁舎美術館「公募展事務局」係
TEL 025-377-1888 / FAX 025-377-1881

↑このページのトップへ