CSRCorporate Social Responsibility

コメリ緑資金Green Capital

  • コメリ緑資金

    コメリは、日頃お世話になっている地域の皆さまへ感謝の気持ちをこめて、当社の利益の1%を継続的に緑の育成のために社会還元し、コメリの出店地域の緑化を進める社会事業として1990年に「コメリ緑資金」を設立しました。
    当初は緑化活動への助成が主なものでしたが、出店地域の広がりとともにコメリに期待される役割も変化してきたことから、緑化活動のみならず園芸農業分野における研究開発事業や広くは環境保全を目的とした事業、文化・社会振興へと支援の輪が広がり、「公益財団法人コメリ緑育成財団」「NPO法人コメリ災害対策センター」が地域と連携を図りながら豊かなふるさとづくりをお手伝いしています。
    私たちの住むふるさとが美しい花々に囲まれ、いつまでも豊かで平和であってほしいと願い、これからもコメリは「コメリ緑資金」による利益の1%還元事業を続けていきます。

コメリ緑資金 公益財団法人コメリ緑育成財団 NPO法人コメリ災害対策センター

沿革History

    これまでの経緯

  • これまでの経緯

    コメリの創業の地は新潟県三条市です。株式上場のため本社を新潟市に移転する際、お世話になった地元へのご恩返しにと、三条にある名刹・法華宗総本山本成寺において、地元産業界の方々と協力して1989年10月、荒廃していた庭園を復元しました。今では、毎年茶会が開かれるなど、市民が集う場所になっています。
    この事業をきっかけに、コメリは利益の1%(「コメリ緑資金」)を継続的に社会に還元していくことを決定し、日頃お世話になっている地域の皆様への感謝の気持ちを込めて、出店地域における緑化活動を支援する「コメリ緑資金の会」を1990年に設立しました。

    広がる1%還元事業

  • 広がる1%還元事業

    そんなことから1996年に「財団法人緑育成財団」を設立し、園芸や農業分野の研究開発事業への助成をスタートしました。
    また、1999年からは従業員が幼稚園や小中学校等にボランティアで花を植える「コメリ緑資金ボランティア」制度を導入。従業員が休日を利用してボランティアとして緑化活動に参加することは、地域の皆様との交流が深まると同時に、地域に根ざした営業の意識が一層向上するなど、社員教育の面でも効果が現れています。
    また2005年、災害発生時に安定して復興支援物資を供給できる活動基盤「NPO法人コメリ災害対策センター」を1%還元事業の一環として設立し、いざという時の安心をお届けしています。
    そして2012年、広く自然環境の保全や整備、保護事業にも取り組むため「コメリ緑資金の会」と「財団法人緑育成財団」を統合し、新しく「公益財団法人コメリ緑育成財団」を設立しました。「公益財団法人コメリ緑育成財団」では、私たちの住むふるさとが緑豊かで平和であってほしいと願い、「緑」をテーマにした事業を通じて地域産業の振興並びに地域社会の発展に貢献できるように取り組んでいます。

    緑豊かなふるさとのために

  • 緑豊かなふるさとのために

    このように時代の流れとともに1%還元事業も変化し、当初の緑化活動のみならず、園芸・農業分野における研究開発事業や環境保全を目的とした事業、文化・社会振興活動に支援の輪が広がっています。
    企業は世の中によって生かされているとコメリは考えています。これからも「コメリ緑資金」を通じて緑豊かな潤いのある生活がおくれるよう、全社を挙げて取り組んでまいります。

活動額Activity Amount

1990年に「コメリ緑資金」を設立して以来、これまで28年間の「コメリ緑資金」の総額は20億1,117万円、緑化活動への助成は12,137件になりました。
私たちのふるさとが、いつまでも美しい花と緑に囲まれ豊かでうるおいあふれる街であることを願って、これからもコメリは、かけがえのないふるさとづくりを応援します。

平成30年3月末現在

年度 助成件数 活動額(万円)
第1回 1990(平成2年) 15 1,460
第2回 1991(平成3年) 29 1,760
第3回 1992(平成4年) 27 2,100
第4回 1993(平成5年) 37 2,400
第5回 1994(平成6年) 38 2,600
第6回 1995(平成7年) 47 2,900
第7回 1996(平成8年) 28 3,200
第8回 1997(平成9年) 37 4,000
第9回 1998(平成10年) 43 4,060
第10回 1999(平成11年) 68 5,100
第11回 2000(平成12年) 89 6,110
第12回 2001(平成13年) 195 7,010
第13回 2002(平成14年) 534 8,580
第14回 2003(平成15年) 665 8,669
第15回 2004(平成16年) 585 10,350
第16回 2005(平成17年) 729 10,931
第17回 2006(平成18年) 1,086 11,656
第18回 2007(平成19年) 1,098 13,541
第19回 2008(平成20年) 1,132 11,656
第20回 2009(平成21年) 781 8,531
第21回 2010(平成22年) 864 10,421
第22回 2011(平成23年) 675 8,669
第23回 2012(平成24年) 935 11,800
第24回 2013(平成25年) 624 11,000
第25回 2014(平成26年) 445 10,000
第26回 2015(平成27年) 461 6,500
第27回 2016(平成28年) 443 7,500
第28回 2017(平成29年) 424 7,700
合計
12,137 201,117

地域の文化振興・社会振興History

    三軌苑(さんきえん) 春の宴

  • 三軌苑(さんきえん) 春の宴

    地元三条市の有志の方々と復元し、コメリ緑資金設立のきっかけとなった法華宗総本山本成寺(新潟県三条市)の庭園「三軌苑」は、復元以来、広く市民に開放され地域の憩の場となっています。
    また毎年春には、「三軌苑 春の宴」が催され、庭に咲く花々を愛でながら野点のお茶や邦楽の調べを楽しんでいただき、大勢の市民が訪れます。
    コメリ緑資金は「三軌苑 春の宴」に協力し、市民の皆さまに風流な春のひと時をお過ごしいただいています。

    焼鮒旧跡の保存

  • 焼鮒旧跡の保存

    新潟市山田には、越後七不思議の一つ親鸞聖人ゆかりの「焼鮒の旧跡」があります。
    その昔、越後に流罪になった親鸞聖人がご赦免となってお帰りになるときに、信者の多い山田の地に立ち寄られて説法をされた跡で、「私の説法が正しければ、この焼いた鮒は生き返るでしょう」と告げられて、池の中に鮒を入れたら生き返ったという伝説が残っています。
    「焼鮒の旧跡」保存を目的に焼鮒旧跡保存会が設立され、古代蓮を植えて四季折々の花が咲く焼鮒公園として整備し、大切にお守りしています。
    「焼鮒の旧跡」の保存、公園の維持管理にコメリ緑資金をお役立ていただいています。