現在の展覧会

工芸2022

■会期

2022年11月19日(土)~12月25日(日)

■会場

雪梁舎美術館

展示室1

<新潟県工芸作家展>

展示室2

<次代を担う若手作家展>

■主催

公益財団法人 雪梁舎美術館

■協賛

株式会社 コメリ

■後援

新潟県、新潟市、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST新潟総合テレビ、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、FM新潟77.5

■開館時間

9:30-17:00

■休館日

月曜日

■入館料

一般500円、団体(10名以上)400円、中学生以下無料

工芸2022

展覧会趣旨

 日本の「工芸」は、世界に誇れる細やかな技術と特有の芸術性の高さを有します。この素晴らしい日本の「工芸」を、雪梁舎美術館から広く発信します。
 古くから新潟は、金属加工の盛んな土地で職人が多く育っています。ほかにも、漆や染織、陶磁、木竹、ガラスなど幅広い分野でものづくりの精神が根付き、高度な伝統的技術から、新しい表現技法の作品まで多彩に共存しています。この優れた技が、永く未来へと受け継がれていくことを願っています。
 雪梁舎美術館は「美術育成財団」として設立した美術館です。ここに、新たに「工芸2022」の開催を通し、熟練の工芸作家から、次代を担う若い作家まで、また日本海に連なる大学の学生を含め、技法や会派にとらわれない“工芸の今、そして未来”を世に発表し、工芸の発展と振興、次代を担う作家の支援と育成を図って参ります。

展示室1の作品リストはこちら
No. 作家名 分類 作品名
1五十嵐まさみ染織花篭
2石山悦子七宝旅の思い出
3市川正美金属布目象嵌遊線文鉄箱
4伊藤赤水陶磁無名異練上花紋角壷
5伊藤栄傑陶磁無名異線紋鉢
6大蔵豊彦欅拭漆線文盛器
7小澤正勝彩り
8鬼木英幸金属芽生え
9風間美代子染織花の召人
10河合 孝金属Distance
11椛澤伸治金属南鐐亀甲紋皆具
12桑山弥宏神代欅彩線象嵌の盤
13解良正敏陶磁黄灰釉鉢
14小山光秀乾漆盛器
15齋藤麻里陶磁過去から未来へ
16坂上和雄陶磁回路、夜明け
17佐々木玲子ガラス階調文様硝子鉢「木陰」
18佐藤光男金属鋳紫銅花器「ときを待つ」
No. 作家名 分類 作品名
19須佐 真金属鰐鎚目文花瓶「待侘」
20髙橋純一金属愛しき人に
21玉川達士金属木目金花瓶
22玉川宣夫金属木目金花瓶
23西片 正金属夏果
24畠山マリ子染織
25羽鳥律子陶磁
26原 益夫金属知恵の瞳
27本田青海花籃「芽生え」
28本間秀昭双流ー2022
29眞島美代子陶磁晄希-明日へ―
30松永 明陶磁風姿(かぜすがた)
31安原のり子陶磁兆し
32山口納富子陶磁Relation-つなぐ
33山﨑 恵染織明日へ
34渡辺信二
35渡邉久意染織月下畏景
36渡辺マサル

五十音順・敬称略

工芸2022(展示室2)の作品リストはこちら

受賞作品

■大賞

城山 みなみ 金属 お姉さん+7人のこびと
−ライト・ニンジン・ロケット・カブトムシ・カボチャ・ハット・ツリー−
張 思藝 夢幻輪廻ー息

 

■育成賞

玉川 佳太 金工 鍛銅水指
本間 浩一 荒波
桝井 沙織 金属 ひめごと

 

■審査員賞

小林 賢治 金属 秘めているもの
近藤 虹輝 金属 一二星座のブローチ
Gori ガラス 窯変花器ー生命

作品リスト

作家名 分類 作品名
浅賀 貴宏漆芸曲輪造線紋盤「刻」
家長 百加染織Transformation
市川 隆金工象嵌鉄飾匣「PHOENIX」
岩井 美佳染織刻憶202210
岩浪 陸金属瓢形煙管
オウ サンサン染織nomadism
王 麗楠増殖2022.2
太田 亜矢子陶芸箱と蓋
大田 なつみ金属⾔葉がなかったら
押味 くみこ陶芸花草鳥紋大皿
岸 洸実金属ひととき
工藤 史佳金属In the meadow of dreams
上坂 涼乃金属三目並べノ型
胡 羽恬陶磁花の咲く音が聞こえる
今野 賢人金属休憩所
後藤 ゆきこ金属終宵
佐川 和暉金属緑甲
shappo金工encounter
荘司 岳金属「打出し装身具 竜宮の遣い」「魴鮄金具」「金頭金具」
蒋 先財人形・器
髙橋 綾金属fragment
作家名 分類 作品名
高橋 美月金属昔話に花咲し
内匠 光⼈知らず花知らず
張 石臨
晁 男動きⅠ
張 揚「浮生故事 水中の月」「浮生故事 蛇と象」
土屋 昌代鉄線編花籃
花井 円香金属be recorded
藤田 帆乃香その他つづく
藤橋 郁美子漆芸乾漆蒔絵箱「きつねのよめいり」
馬 高賢愛の形Ⅲ
三上 洸希金属鍛銅錫彩花器「水底」
光延 咲良金属ロロロ
皆巳 洋子金属neckpieceー群青環
宮田 紗希金属choose cheese
村上 萌々香ガラス朝霧
村越 日生子ガラス硝子と共に時をかき留める
八木 ことみ金属行く先には
結城 亮かる
横山 千夏染織
林 佩誼金属お月見
工芸2022の概要はこちら

■出品資格

①50歳以下(1971年以降生まれ)の新潟県在住及び出身者〔推薦制〕
②6大学在籍の学生、院生、2021年度卒業生・修了生
※今回出品をお願いする大学:秋田公立美術大学、東北芸術工科大学・長岡造形大学・上越教育大学・富山大学・金沢美術工芸大学
ご出品いただいた作品はすべて展示いたします。


■出品規定

工芸全般(金属、漆、染織、陶磁、人形、木、竹、ガラス、革、七宝、紙、その他)

■出品点数

一人1点(組)。※新作もしくは、近作

■作品サイズ

【立体】

高さ100㎝以内、幅80㎝以内、奥行80㎝以内

【平面】

縦200㎝以内、横170㎝以内

※いずれも重量は50㎏以内

■出品料

なし


■賞

大賞(1点)

 

30万円(賞状)

育成賞(数点)

 

各10万円(賞状)

審査員賞(数点)

 

各3万円(賞状)

オーディエンス賞(1点)

 

(賞状)※会期中の来館者による投票


■審査員

樋田 豊郎(美術史家)

馬場 省吾(長岡造形大学学長)

捧 実穂(雪梁舎美術館理事長/学芸員)


■審査日

2022年11月12日(土)


■審査発表

審査日当日、受賞者のみ電話連絡いたします。後日、美術館ホームページ上に受賞者の氏名・作品名を掲載いたします。
※電話での問い合わせや、審査に関する異議申し立てには応じません。


■授賞式

2022年11月19日(土)※予定

会場

 

雪梁舎美術館


■申込方法

出品票をダウンロード、もしくはメール、電話にて請求してください。

メールはこちらから


■申込期間

2022年6月1日(水)~9月30日(金)



■作品搬入・搬出

出品者ご自身、もしくは業者に委託して雪梁舎美術館へ搬入・搬出をお願いします。なお、大学在籍者の搬入・搬出の送料(保険料含む)については、搬入は出品者の負担、搬出は雪梁舎美術館の負担とさせていただきます。


<注意事項>

出品作品には、必ず安全を確保し得る梱包をして搬入してください。搬入・搬出における作品破損等につきましては、当館では責任を負いかねますのでご了承ください。
なお、輸送搬入の際は保険を付与してください。搬出時は、当館にて梱包のうえ、運送会社の保険を付与して発送いたします。
※保険付与のため、出品票に必ず作品価格(非売の場合も)をご記入ください。


■搬入日

輸送搬入

2022年11月7日(月)・8日(火)必着

直接搬入

2022年11月9日(水)・10日(木) 10時~17時


■搬出日

輸送搬出

2023年1月中旬までに返送予定

直接搬出

2022年12月25日(日)17時~18時、12月26日(月)10時~17時


■その他

    ・作品は十分の保護をしますが、不慮の災害等、不可抗力による作品の破損については当館ではその責を負いません。

    ・出品者は、作品提供と同時に展覧会の報道記録写真の複製、および掲載を承諾したものとします。

    ・展覧会作品の情報発信を促進する目的で、展覧会来場者の会場風景や作品の撮影、ブログやSNSへの掲載を可とします。(ただし、商業目的の撮影・使用は不可)


■お問い合わせ

雪梁舎美術館[工芸2022事務局]
〒950-1101
新潟県新潟市西区山田451
TEL:025-377-1888 / FAX:025-377-1881
e-mail : info@setsuryosha.bit.or.jp
HP : https://www.komeri.bit.or.jp/setsuryosha/